Items Object


Method

push

アイテム配列の末尾に項目を追加します。

Hint
UserDefinedView?でのみ使用可能です

Supported API Level
16

pop

アイテム配列の末尾からひとつ削除し、その値を返します。

Hint
UserDefinedView?でのみ使用可能です

Supported API Level
16

unshift

アイテム配列の先頭に項目を追加します。

Hint
UserDefinedView?でのみ使用可能です

Supported API Level
16

shift

アイテム配列の先頭からひとつ削除し、その値を返します。

Hint
UserDefinedView?でのみ使用可能です

Supported API Level
16

insert

アイテム配列の任意の位置に項目を挿入します。

Hint
UserDefinedView?でのみ使用可能です

Supported API Level
16

contains

指定したitemIdを持ったアイテムが存在するかを調べます。

function contains(
    itemId // 存在をチェックしたいアイテムId
);

戻り値
見つかった場合、true。見つからない場合はfalse

Supported API Level
16

find

アイテムの配列から条件にマッチする項目を探します。

function find(
    pred // 検索に使用する関数
);

パラメータ

pred
検索に使用する関数。関数がtrueを返すと検索はそこで終了します。
function predict(item);

戻り値
見つかったらそのItem Object。見つからなかった場合undefined

Supported API Level
16

sort

引数で指定した関数を使ってビューをソートします。

function sort(
    pred // ソートに使う関数。
);

パラメータ

pred
ソートに使う関数。
function predict(lhs, rhs);

Hint
UserDefinedView?でのみ使用可能です

Supported API Level
16

getItemByOrder?

アイテム配列のn番目の項目を取得します。

function getItemByOrder(
    index // 取得したい項目のインデックス
);

戻り値
見つかったらそのItem Object。見つからなかった場合undefined

Supported API Level
16

copyStatus

指定したStatus Objectをユーザ定義ビューへコピーします。

function copyStatus(
    status // 追加するStatus Object
);

戻り値
追加したItem Object

Supported API Level
21

Property

length

項目の総数を取得します。

Supported API Level
16

operator[]

アイテム配列のn番目の項目を取得します。

function operator[](
    index // 取得したい項目のインデックス
);

戻り値
見つかったらそのItem Object。見つからなかった場合undefined

Hint
配列にたいしてhoge[n]とするのと同じです。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-27 (土) 10:33:40 (1196d)